「本革」財布TOP >> 風水開運「本革」財布

「開運」を導く財布には、「色彩」「本革素材」「職人による手作り」の要素が大切

本革財布 風水などを活用した、「開運」要素の中に「財布」は大きなポイントとして位置づけられて います。”開運・金運”と”財布”は密接な関わりがあると考えられているからです。


そんな中、「風水財布」「開運財布」として多種多様なものが販売されていますが、本当の意味 で開運に関連したものとなるには、3つの大切な要素があるのです。ひとつが「色彩」。単純に 黄色・金色であれば良いということではなく、色の美しさ・色調のバランスの良さが大切なので す。安っぽく見える「黄色・金色の財布」も多々見かけますが、開運・金運への効果はまったく期待 できないものと考えています。


次に財布の素材が大切です。化学素材で創られているものには自然エネルギーは宿りません。 生命体(動物など)だからこそ、エネルギーが宿るのであって、財布の素材には「本革」を活用 することが大切な要素となるのです。



最後に「職人の手によって創られた財布」であること。単純な工場製品には、”気のエネルギー” が宿りません。伝統的な技術の裏ずけを有した職人の手によって創られたものだからこそ 創出された財布の中に「気のエネルギー」が宿るのです。このエネルギーが開運の基となるわけ で、何も無いところから、””開運・金運”などといった要素は生まれてこないということを しっかり認識しておくことが大切です。

吉祥文様「宝づくし」の長財布

開運財布 吉祥文様(きっしょうもんよう)とは、縁起がいいとされる動植物や物品などを描いた図柄のこと を意味しています。そんな吉祥文様のひとつが「宝づくし」。 起源は中国といわれ、室町時代に日本的で図案化され、江戸時代くらいから 流行りだした縁起のいい模様が「宝づくし」です。


風水的に開運へと繋がる「金色・黄色」を伝統的な染色、京友禅染めの技法で柄を絵付け した本格的な「本革財布」仕様となっています。革素材も国産の牛革を使用し、姫路で なめし加工されたものを、職人の手によって手作り・縫製された財布です。 「色彩」「素材」「職人技術」の3要素が整った、本格的開運財布として最もおすすめで きる商品・・「長財布」以外の財布タイプもありますので、ぜひ下記より詳細をご参照い ただければと思います。



吉祥文様「宝づくし」の長財布の詳細・ご購入はこちらをご参照ください

唐獅子牡丹ゴールドの長財布

開運財布 こちらも吉祥文様のひとつ、「唐獅子牡丹」柄の長財布です。 京友禅染めの技法で「金色」の柄を絵付け、本革財布職人の手によって作られた一品です。


長財布のデザインのみのアイテムではありますが、ひとつひとつ丁寧に創出されている 本格開運財布。おすすめです。



唐獅子牡丹ゴールドの長財布の詳細・ご購入はこちらをご参照ください